ダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)でなりやすい形を検証!~Part2~

ブログを見て下さっているみなさん、

温もりホットヨガサロンひよこのみなさん、

こんばんは☆

MORIKOです(◍•ᴗ•◍)

 

前回、

ダウンドッグのポーズをすると

なりやすい形を

見ていきました!

他にもダウンドッグをしていて

こんなふうに思ったことが

あるのではないでしょうか?

 

 

④ひざが伸びない

膝が伸びない

もも裏が固い状態で、

膝を伸ばすと痛くなるので、

曲がりやすくなります。

ダウンドッグでは

背骨を伸ばすことを

優先する場合が多いので、

膝は曲げてOKです。

 

むしろ膝を伸ばそうとすると、

背中が丸くなってしまうので、

太ももをお腹にしっかりと近づけて、

背骨を伸ばすことを優先するとポーズも

楽にキープできますよ。

OK

 

 

⑤背中が丸まってしまう

背中マルイ1_view

先程も書きましたが、

もも裏が硬かったり

股関節が硬いと屈曲できず

背中が丸まります。

まずは膝を曲げて、

背骨を伸ばすことを優先にしてみてください。

何回もダウンドックを

繰り返していくことで

ポーズの感覚もつかみやすくなっていき、

背骨の伸びも感じやすくなってきます。

 

 

 

 

⑥膝を曲げても背中が丸まってしまう

 

膝を曲げることで背中が

伸びやすくなりますが、

骨盤への意識が無いと、

骨盤が動かず、

腰が丸まってしまう場合があります。

そうすると膝を曲げても

骨盤が後傾したままなので、

腰が丸まりやすくなります。

 

 

ダウンドッグのポーズのまま

骨盤の動きを

意識するのは難しいので、

 

レッスンの前半に

行っている

骨盤をさわって、

骨盤を前傾、後傾に

動かしてみたり、

 

壁を使った

パピードッグ

骨盤を前後に動かしたり、

背骨をまっすぐ伸ばしたりする

プラクティスもオススメです♪

 

鏡より自分の感覚が

大切ではありますが、

タイミングが合えば

一度、

レッスン中やレッスン後、

鏡でポーズを見てみてください☆

新しい発見があるかもしれません(^^)

 

 

好きなポーズが増えると、

もっとリラックスして行えるので

ご自分自身の

心と身体に意識が向いて

さらに楽しい時間になると思います♡

一緒に好きなポーズを

開拓していきましょう☆

 

☆。.:*:・明日も心穏やかで楽しい時間が過ごせますように☆。.:*:・

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

幸福度チェック
kay インドに行く VOL.8🇮🇳インドにはなにがあるのですか 
素麺
太陽礼拝(S)と大地礼拝(E)受けてみました♪
noimage
最近の習慣

最近の習慣

ストレス解消には集中!
そうだ京都へいこう vol③
kay 家族と過ごす時間
ヨガを楽しむための道具⭐気分を盛り上げちゃうウェア
運動する人に人気のラムネ
noimage
肩こりの原因は冬の寒さ!そして頭?!座りながら肩甲骨周りをスッキリする方法☆
体幹を大切にするワケ
新年お初です🎍

HOME

TOP

-->