~一期一会~『人生はチョコレートの箱のようなもの、開けてみないと分からない』が響く

こんばんは。


YogaSalonGroup ひよこ坂戸店

Yoga Salon Group 兎霞ヶ関駅前店


店長のYukoです🍀

 

 

緊急事態宣言発令以来、初の対面レッスンの機会が出来、本当に嬉しく思います。

私も変化の中で、皆様と一緒にヨガを出来なくなり言葉にならない想いでした。

こうして、皆様とまた一緒にヨガを出来ることに感謝しています。

 

 

 

お休みの間も変化への対応で忙しくしてたりもしましたが、合間に映画を観ました。

フォレストガンプを観ました。

 

 

観終えたばかりなのに、もう一度観たくなります。


変化に対する恐怖があるかたは是非この時期おすすめです。

恐怖がなくてもおすすめです。

 

 

 

2020年は世界を震わせる変化の年になることは、多くの方が知っていたかもしれませんが
 
多かれ少なかれ、当然個人の変化も伴いますね。


  

本能的に、人間は変化に対して多少の恐怖心というのはあるのかもしれませんが

大きく恐怖心を抱く人と、変化を受け入れやすい人また個人差がありますよね。

 

いずれにしろ諸行無常は受け入れることになるのは変わりないとしても。

 

 

執着は苦しみの原因にもなることは皆様ご存じのこと。

 


エゴという言葉は

自己を対象とする認識作用

と言えますが

 

自分の職場、という認識は

『私は、どこどこの○○です』

と、会社名と自分をくっつけて ラベルを貼るみたいな感じですよね。
  

 

ラベルが、なかったら

私とは誰でしょうか。何者でしょう。 

 

 

人間は

「言葉によって、ラベルを貼ることで満足し本質を知ることをしない」
 
ことが多々ありますよね。

 

 

彼は、○○社の部長だ。

これは缶だ。

私は…。

 

 

一日の間に、ラベリングされた世界のことをずっと頭の中で喋っています。

声に出すか出さないかは人によるけど
頭の中はずっとラベリングされた世界を話してる。


私とは…。

世界とは…。

自分と物
自分と立場
自分と誰かの関係性…。

 

 

 


恋人との別れも
宝物を無くしたときも

最初からあった繋がりじゃないのに、いつの間にか一部になっている感じがして
なくなると悲しくなる。

その繋がりによって、自分を成立させようとするからでしょうか。


それが無くなると私は無くなってしまうのでしょうか。

 

 

 

失うことを恐れるとき、それはエゴだと言う人もいますが
愛する人を失うのは辛い。
  

 

でも変化は訪れる。

 

 

それが良いか悪いか。

誰がどう決めるのでしょう。

後で分かるもの?誰かが決めるもの?

 

 

フォレストガンプを、これほど身に染みる想いで観たのは始めてでした。  

 

 

 

変化が起きても、誰も責めることは出来ない

咎めても意味がない。

 

 

フォレストは、ジェニーを咎めない。

変化を受け入れ、精一杯生きていますね。

 

一期一会。

明日という日、明日は一緒に過ごす時間
明日の私のインストラクション
明日の皆さんのアーサナ 
明日の…  
同じ瞬間は二度と繰り返されないですね🍀  

 

 

ラベリングされた世界のおしゃべりに夢中になりすぎず、本質に目を向けることを大切にしたい。


  

明日からまた、皆様と一緒にヨガを出来る機会を得られたことに感謝しています🍀

今日もブログを読んで下さり本当にありがとうございます。  

 

 

Om shanti shanti shanti …。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人生、思い通りにいかないから面白い~Happiness と Happeningの関係性とは?~
noimage
今年もあと僅か!!
自分のためのヨガ✨ヨガサロンひよこ坂戸でmindから自由になろう!
経絡ヨガの講座に参加してきました🤗
うちのワンコ達を紹介します🐶本物のダウンドッグが美しい✨
miwako 世界は地続き🌳真我は繋がっている🤝
kayインドに行く🇮🇳vol.15 インドには何があるのですか
京都旅✨そうだ京都へ行こうvol①~またまた京都に行って来ました~👌
kay スリランカに行く🇱🇰スリランカの食文化に触れ おもてなしの心に感動する
6月に不調を感じる女性が多い‼️正しい姿勢を知って、姿勢美人+肩コリ撃退を目指しましょ☺️❤️
kay ヨガを通じて仲間が増える♡KULAについて  VOL.1
noimage
ダウンタウンの松本人志さんの言葉が深いい~
kay 京都へまたまたまた行く 祈りを身近に感じる

HOME

TOP

-->