miwako 自分の役割をやりましょう

こんにちは! 

温もりホットYogaSalonGroup ひよこ坂戸店、兎霞ヶ関駅前店インストラクターのmiwakoです😊

 

私たちには、大きい小さい関わらず、それぞれ今やるべき役割を持っていると思います。

それは、お給料が発生するような仕事かもしれないし、そうでないかもしれません。

 

ヨガの教えの一つに、バガヴァッドギータという物語があるのですが、

そこにはアルジュナという戦士と、クリシュナという神様が登場します。

その場から逃げ出したくなっている、心が迷っているアルジュナをクリシュナが鼓舞する掛け合いが、私たちにとっても大事な教えとなっています。

 

バガヴァッドギータの中で、繰り返し言葉を変えながら言われていることは、あなたの役割をやれ、ということだと思います。

時々そういったことは「やりたくないな〜」と感じてしまうこともありますが、やりたいとかやりたくないとか、そういうの関係ないからやれ!という印象を勉強していて感じます。笑

 

ヨガの最終目的である「心の安らぎ」に到達するには、一つの道ではなくたくさんの道を提示してくれています。

山にこもって瞑想をするような方法や、聖典などの教えを知識に入れ続けるという方法もありますが、社会の中で生きる現代の私たちに1番良い方法は「行為」を制することでしょう。

私たちは悟りを得るために、家族や仕事を手放す必要はありません。

 

アルジュナは優れた戦士でした。

彼は武器の知識も、戦い方の知識もスキルも持っていました。

彼はその戦いで、持っている知識もスキルも発揮するべきであるのに、敵軍を目の前にしたとたん逃げ出したくなっていました。

この戦いに意味を見出せなくなっていました。

ここから逃げられるのであれば、どんな場所でも良く見えるほどでした。

 

そんなアルジュナにクリシュナは言います。

あなたは自分の持っているスキルを活かしていない。

あなたはここから逃げた後に、どんな人格を見せるのですか?

あなたはここで素晴らしい人格を見せるべきです。

 

間違わないでほしいのですが、ヨガの教えの中で戦争を勧めているわけではありません。

平和を勧めているのに、戦い?と混乱するかもしれませんが(笑)ここから私たちが読み取るべきことはただ、自分の役割をやりなさいということです。

アルジュナにとって、それは戦うことでした。そういう物語です。

 

人格が人生を作ります。

行動が人格を作ります。

何をやるか?というのも重要かもしれませんが、

どういった意図を持ってやるか?というのも、それがヨガとなりえます。

同じ行為だとしても、違うものでしょう。

先生がアドバイスをくれました。

サービスを増やして、仕事を減らしましょう、と。

例えば、苦手な上司に頼まれた仕事をするのと

愛する人のためにサービスをするのでは、

同じ時間働いたとしても、ストレスのかかり方が全然違うでしょう。

献身があると心が楽です。

献身、身を献げるというと引いてしまうかもしれませんね。

しかし、ヨガではこの献身という考え方が身近に出てくるように思います。

サービスにはエゴがありません。

そのような行為をしていると、マインドからストレスが減っていきます。

 

 

在り方が素敵だなと思う人がいます。

その人を見ていても、サービスがどういうものか学ばせてもらっています。

うまくできないことも多いですが、心に留めていることです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
股関節の可動域を広げる
誕生日は特別な日🎂
noimage
noimage
kay ヨガニードラでまどろみを味わう
kayからあけましておめでとうございます🎉✨😆✨🎊今年もよろしくお願いします❤️
kay 危機管理能力を発揮させるため、野生性を取り戻す
経絡ヨガの講座に参加してきました🤗
noimage
毎日心の片隅に サントーシャ♡
ヘルシーお手軽レシピ♪ おから編  ②おからdeサラダ
眺めのいい景色でランチ🎵
夏休みの独り言
noimage

HOME

TOP

-->