kay目には見えない大きな力に委ねてみるバクティーヨガ

こんにちは~😆

ヨガサロン🐥ひよこインストラクターkayです

 

ヨガはスポーツではありません

ヨガは宗教でもありません。

ヨガはフィットネスでもありません。

 

 

とよく言いますよね

 

それじゃヨガって一体なんだ?!!

 

 

⭕この話は非常に誤解を生むことも考えられるので、慎重にしなければなりません。

 

 

インドだけでなく、今や世界中でヨガが行われています

アメリカ発祥のパワーヨガ

私も大好きです💟

フィットネス感強い!!

どちらかというと身体を変えるということに特化したヨガなのかもしれません。

🇮🇳

タイでは ルーシーダットンがあるし

クリパルもアメリカ発祥

シヴァムクティもニューヨーク

🇮🇳

バクティーヨガはインドでは普通の事です

日常です

 

体を動かすヨガではないんです

親愛のヨガといわれてます

 

前回もblogにのせましたが

キルタン、マントラなどを学びます

そしてそれを使い自分のヨガを行うのです

正しく生きようとしたり

困難な状況を受け入れたり

体を整え 心を整えるヨガです

体と心は繋がってるからな。

どっちかが具合悪くなったらバランスがとれなくなるよな。

うん

 

🇮🇳

 

キルタンは神様の名前を繰り返し音にのせていくものだし

マントラもそうです

でも、神様って宗教じゃないの??って最初は思ってました。

なんだか怪しい匂いがするわ

とさえ思ってました

でも、いろいろ勉強をするうちに

怪しくなんてない!自然なことということがわかってきました。

わたしたちもやってることですよね。

🇮🇳

 

新年を祝ったり お参りにいったり

 

ひな祭りには雛人形を飾ります

 

季節の行事を通して目に見えない神様に

今年もいい一年になりますように!

受験受かりますように!

などと言ってますもの

 

私もキルタンやマントラの勉強してますが何もヒンドゥー教徒ではないです(笑)

 

神様っていったって

想像では白い髭の、白い服を着た、杖を持ったおじいさん

 

これは私たちの想像上の神様だから!!

 

でも、それは神様って言葉じゃなくてもよい

先生は、日本人は抵抗があるなら、それを別の言葉に置き換えてもいいんだよ。とおっしゃいました。

 

例えば

宇宙という言葉に置き換えてもなんでもいいと。

 

 

 

わたしは

目に見えない、何か大きな力

と思うことにしました

それって絶対にあると思うから

 

インドにはクリシュナやシヴァはじめ

女神であるラクシュミー、ドゥルガーなどの神様がいて、それぞれのお話があり

インドの人々にとって

神様はわたしたち日本人より

ずーっと身近な存在みたいです

 

 

太陽礼拝の原形でもある

プラナーム

(うつ伏せで寝転んで大地に祈りを捧げる)

をお寺に入るとき、祈りを捧げるときに行います

神様の名前を何回も何回も唱えながら祈ります

それは

輪廻転生を信じてる

次に生まれ変わるときは、もっと幸せになるように。

神様の存在を信じてる

むしろ、その信じる存在がいなきゃ

でなきゃ

インドの人たちは報われない

いてくれなきゃ

若者もおじさんも、全力でキルタンやアラティーをやってる!

 

インドで生きる力をフルに開花してるのは子供だけじゃありませんでした

おじ様たちも素晴らしくイキイキと今を生きてます

道ですれ違ったおじさん⬇️

DSC_0948

写真を撮ってたら、写りこんできたおじさん⬇️DSC_1153

キルタンを熱唱するおじさん⬇️

DSC_1192

皆さんと一緒にヨガができること

心から

心から

楽しみにしてるkayでした



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ヨガニドラー~寝たままヨガ~
kay スリランカに行く スリランカの動物たち🇱🇰自分の内側にある至福の感情と繋がる
今年最後の日☀️
決定ボタンを押す☆
kayはわかってる。変わってなんかない!それは個性なんだ!!
ヘルシーお手軽レシピ♪ おから編  ②おからdeサラダ
自分のためのヨガ✨ヨガサロンひよこ坂戸でmindから自由になろう!
kay🇱🇰スリランカに行く🛫お籠りホテルステイでデジタルデトックスをする。
kay スリランカ🇱🇰に行く 🙏スリランカってどんな国??仏像への考察と妄想
チャレンジしたかった理由…
noimage
noimage
京都旅✨そうだ京都へ行こうvol①~またまた京都に行って来ました~👌
noimage
kay❄️東京砂漠化現象❄️にて加齢現象と向き合う  エゴと本質について考える

HOME

TOP

-->