『呼吸の鍵』になるドーム型の筋肉!!

ブログを見て下さっているみなさん、

温もりホットヨガサロンひよこのみなさん、

こんにちは!

インストラクターのMORIKOです(◍•ᴗ•◍)

 

 

 

題名にも書きましたが、

ドーム型の筋肉って?!

 

横隔膜

この筋肉です!!

 

 

 

 

 

 

横隔膜!!

 

 

横隔膜は腹式呼吸の吸う際の主力の筋肉です。

肺が収まっている胸腔と、

胃や腸などの消化器官が

収まっている腹腔を隔てている筋肉!!

伸縮性があり、

呼吸の鍵ともなります☆彡

 

 

そんな

横隔膜ってどう動く?

 

息を吸おうとすると、

横隔膜が収縮して、

ドーム型の上部がへこみます。

 

息を吐くときには、

横隔膜がゆるんで、

ドーム型の上部が戻ります。

 

動き

面白いですね!

 

横隔膜の動きを知るまでは、

お腹の中に空気が入って

膨らんでいる気がしていましたが、

横隔膜が下に凹むことによって、

内臓などの臓器が押し出されて、

お腹が出ているんです(^^)

 

横隔膜が硬いと?

そんな横隔膜!

硬くなっていることもあるんです。

硬くなると呼吸が浅くなり

体のトラブルの原因にもなってきます。

  • 免疫力が低下 → 風邪を引きやすくなる
  • 自律神経が乱れやすくなる
  • 代謝が低下 → 太りやすくなる
  • お腹が縮んで背中が丸くなる → 姿勢が悪くなる

 

 

横隔膜の硬さチェック٩( ‘ω’ )

 

横隔膜の硬さは、

自分の手で直接触って確認することができるんです!

 

1.姿勢を正して、肋骨の下に指を当てます。

2.息を吐きながら、指をゆっくりと斜め上に向かって押し込みます。

(肋骨の下に差し込んでいくイメージ)

※指が入っていかなかったり、痛みを感じたら、横隔膜が硬くなっています(><)

 

 

横隔膜を柔らかくしたい☆

 

レッスンで

息を最後まで、

吐ききってから

吸いましょうという

インストラクションがあると思います。

 

お腹で息を吐ききって

腹式呼吸をすることで、

副交感神経も働き、

横隔膜も大きく動き

大きく動くことで

柔らかくなっていきます。

 

 

また腹式呼吸をし、

息を最後まで吐ききることにより

お腹を凹ますのに重要な腹横筋が働きます。

腹横筋

腹式呼吸をすることで、

横隔膜も柔らかくなり、

呼吸が深くなり、

腹横筋が働くことにより、

お腹も引き締まっていく☆

いいことたくさん♡

 

レッスンでも

意識してやっていきたいと思います╭(๑•̀ㅂ•́)

 

8月16日(木) 13:30~ アロマリラックス

8月18日(土) 12:30~ リセットヨガ

 

呼吸が浅いなと思った方、

お時間合う方はぜひご参加お待ちしています♡

 

☆。.:*:・今日も心穏やかで楽しい時間が過ごせますように☆。.:*:・

moriko
ヨガ始める以前の私は呼吸が浅かく、仕事でも私生活でも、もっともっと頑張らなきゃと思っていたました…

そんな私に深く呼吸することを教えてくれたヨガ。
『無理しないことも大切』と教えてくれたヨガ。

ヨガを通して自分自身を見つめることで、少しずつ心と体がほぐれていくのを実感できると思います。

日々の忙しさで、自分と向き合う時間が取れない方、みんなで一緒に向き合う時間を共有しませんか?

体だけでなく心も穏やかで、ほっこり笑顔になる時間を作っていきます♫

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
心揺さぶられた今朝↘ 楽しい今を感じようと思った8月1日♪
アーユルヴェーダの万能食!本腰入れてデトックス!私が健康じゃなかったら、私は誰も幸せにすることも癒すことも出来ない
不調を治すヨガ行法【蓄膿症】【呼吸が浅い】【イライラ】【無気力】 
​そろそろ寝る時間ですか?(^-^) 『3つ幸せなことを』を思い出して眠りにつきましょう☆ミ
素敵な石けんが作れましたよ✨今日のワークショップはアロマ石けん作りでした❣️
🌿Botanical Garden Project🌿って何!?🎶 初日から大人気の新商品✨✨いち早くチェック😘
noimage
もっと使って欲しい♪ベルトとブロック☆
「結局、ハタヨガって?」を振り返ったあとは、おうちでの「ハ・タの実践方法」を載せておきます!今宵、瞑想をしてみましょう…。
noimage
クラス選びのポイントと、暖まると溶けるバターや蜂蜜のように…固まった心が溶けていくこと
noimage
noimage

HOME

TOP

-->