ズボラさんでも大丈夫!お手軽レシピ♪カニ缶編②

こんにちは😃

ひよこインストラクターのyaeです☆

 

 

忘れないうちに、第2弾の簡単レシピ♪

今回はカニ缶🦀

 

半分パスタにしたので、半分はサラダに♪

 

名付けるなら、、

 

海の春雨サラダで、どーでしょー?!

 

材料

カニ缶   1/2缶

カニかまぼこ  2つ

春雨      50g程度

きゅうり  1/2本

ワカメ   適量

もやし   50g

お好みのドレッシング  適量

 

作り方

1, 鍋に水を入れて沸騰したら春雨を入れて2〜3分後、もやしも入れてプラス1分位茹でる。

2, 乾燥わかめだったら、事前に戻しておいてひと口サイズに切り、きゅうりは千切りして塩を振って水分を出し絞っておく。

3, 水分と粗熱が取れた1&2とカニ缶を合わせて好みのドレッシングや香辛料など混ぜる。

4, カニかまを割いて乗せる。

 

 

これで完成〜♪

簡単すぎるー)^o^(

 

 

IMG_3712

 

私はズボラなので、きゅうり下処理もせず塩振ってません。σ^_^;

ジップロックなどに材料全て入れて味付けをその中に投入してフリフリ。

冷蔵庫にいれて味が染み込みきゅうりから水分が出るので、その後また味見してみて必要なの足して下さいね♪

 

パスタの時に、見た目カニ感が無かったのでカニかま乗せで🦀

 

今回の味付けは、

えごま油・塩胡椒・ゴマ油・青じそドレッシングを合わせてみました♪

良かったら、お好きな味付けにして作ってみて下さい。

 

 

パスタもサラダも、ツナ缶やサバ缶も合いますね♡

お家にあるもので、楽チンレシピ楽しんで下さい♪

 

 

 

 

そうそう!

私はワカメを使うときはネギ類を使わないようにしてます。

 

 

何故って?!

 

ねぎに含まれるリンという成分が、わかめのカルシウムの吸収を阻害するのだそうです。

 

リンとカルシウム、この2つのバランスを正常に保つのがビタミンD✨

 

ビタミンDを含む食材

きくらげ、しらす干し、いくら、青魚など。

 

この食材を一緒に摂るようにするといいそうですよ(⌒▽⌒)♪

 

定番のネギとワカメの中華スープや、味噌汁はウチでは作りません。

美味しいですけどね〜(´ω`)

 

今夜は何にしよーかなー♪

 

 

 

ではでは、この辺りで、、

 

 

次のレッスンは4月最後の日曜の朝☀️

初めての太陽礼拝を担当します。ウキウキドキドキ♡

まだ空きがありますので、お時間合えば待ちしております♪

一緒にヨガでパワーチャージ( ´∀`)✨

 

yae
心と身体は繋がっています。
ヨガの語源は『つなぐ』という
意味です。

ストレスの多い現代社会の中、
競い合ったり比べたり
するのではなく、まずは自分。
自分のことって意外と
見落としてたり気付いてない
ことって沢山あったりします。

元々は他人軸な私が、yogaと
出会えて自分軸になれました。

多くは求めず、今ある姿や状態を
確かめ認めてあげて、
受け入れていく。

そのままのご自身が一番良い
ってことに気付くこと。

その自分と周りの人の繋がり。
自然や宇宙とのつながりを
取り戻していきましょう。

自分の中に眠っていた美しさ
優しさ柔らかさに健やかな心。
より良い状態に導いてくれる
yogaは最高のメゾットです。

真心込めて、その方に合った方法で
お伝え出来るよう目指しております。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

maki’s 健康法 その2 ~1人カラオケ~
昨日から息子にも自分にも『アヒムサー』実践中!!
幸せですか?本当の幸せとは⁉️幸福感について〜
kayの考える情報のコントロールの必要性  惑わされない意識を持とう
自分のためのヨガ✨ヨガサロンひよこ坂戸でmindから自由になろう!
東北の旅も終盤へ〜その11〜
最近、はじめた新習慣、とっても体にいいみたい。
noimage
noimage
寝る前必見!!☆ 喜びの習慣化によって、前向きな脳の神経経路を強化する
ヨガはお金の交換ではありません。 ヨガを継承するということ。 ヨガサロンひよこ坂戸から学びについての考察
酵素ゼリーが人気で生産が追いつかないらしい!…ところでMORIKOってご存知ですか⁉️
今更聞きづらい…⁉️骨盤のぐりぐりの位置の確認😆💕
インストラクターのダイエット、その後②🏃‍♀️🧘‍♀️✨〜毎日ピラティスをすることで脚のラインはどうなってきたのか編〜
突然ですが…恋❤️してますか⁉️恋をすると女性は綺麗になる❣️

HOME

TOP

-->