Q体が硬いとピラティスは出来ないの?🤔にお答え!💪

こんにちは😃♡

温もりホットヨガサロンひよこ🐤

インストラクターのkazueです!

 

 

 

 

 

今日の朝のクラスで、

 

ロールアップを組み込んだのですが

 

 

 

『出来た!!!!!✨』

 

 

 

 

と、生の声をいただくことができて💕💕

 

 

 

 

 

とても嬉しくなってしまって、

 

 

 

最高な1日の始まりでした😆✨

 

 

 

 

9CDCE1A2-9AD0-4BD8-BE35-73C6E73B7CF6

 

↑ロールアップ!

 

 

 

 

 

 

 

前まではできなかったのに、

 

 

とその会員さんは仰っていましたが

 

 

 

 

 

 

これぞ『経験値の賜物』✨✨

 

 

 

 

 

 

 

 

体の使い方ももちろん大切ですが、

 

 

 

動きに対する『慣れ』も必要ですね☺️💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本日は

 

 

柔軟性とピラティスの関係性

 

について書いてみますね💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピラティスをしていただく際に

 

 

 

『体が硬くて…』

 

 

 

と、

 

心配そうに尋ねてきてくださる方がちらほら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、この記事でもちらっと

 

紹介させていただいたのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し詳しくお話してみます☺️💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず結論から言うと

 

 

 

 

 

💡体が硬くてもピラティスは出来ます💡

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、案ずることなく(笑)

 

 

 

 

お気軽に遊びにいらしてください☺️❤️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体が硬くてもピラティスができる理由は、

 

 

 

・長座が苦手なら、少し膝を緩めれば🆗

 

・仰向けで脚を天井へまっすぐ伸ばすのが

厳しければ、少し曲げれば🆗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、それだけ????💦

 

 

 

と思われた方も

 

中にはいらっしゃるかもしれませんが

 

 

 

 

 

 

これだけです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しんどさがあるなら、

 

しんどさを軽減するための対応をすれば🆗✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、どうかご心配なさらず☺️❤️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のところ、

 

 

 

 

ピラティスにおいては

 

 

 

 

 

アライメントを整えること

 

 

 

 

の方が大切🌱✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピラティスで、動きを繰り返していく中で

 

柔軟性ももちろん上がっていくのですが💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピラティスをすることで、

 

 

 

『今日ピラティスを始めたら、

明日には180度開脚が出来る!』

 

 

 

 

というわけではないのですね💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆーっくりと柔らかくなっていきます✨

 

 

 

 

人によっては、

 

 

じれったく感じるかもしれません💦😅

 

 

 

 

 

 

 

ただ

 

 

ある程度の柔軟性には、

 

動きをコントロールするための、

 

相応の筋力が必要です🤔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、

 

 

 

 

ものすごく

 

本当に本当に本当に

 

ものすごーーーくオーバーに言うと(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柔軟性『だけ』を究極に追い求めて、

 

同時に筋肉を育てることを『全くもって』しない

 

 

 

 

 

 

 

 

といった

 

 

あまりにも『極端すぎる』ことは

 

あまりオススメはできません(^◇^;)💦

(そんな極端なことしないわ!とツッコミが聞こえてきそうな予感…笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その点ピラティスでは、

 

 

『柔軟性+必要な筋肉』

 

 

 

を得ることができるため、

 

 

 

 

 

 

 

安全に行うことが可能なのですね☺️✨

 

 

 

 

 

 

この安全面については

 

 

 

プレピラティスでもピラティスストイックでも

 

変わりありません💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから

 

『体が硬くても出来るのがピラティス』

 

と思っていただけたら嬉しいです😊💕

 

 

 

 

 

では、

本日も読んでくださりありがとうございました✨

 

kazue
ピラティスって何だろう??
と思ったらまずは1回やってみましょう!きっと、印象や疑問がクリアになると思います(^^)
自分の身体は、自分の力でコントロールし、メンテナンスができるように。楽しく動いていきましょう♡(*^▽^*)
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

紅茶のインフルエンザ破壊力を実証できるか。「原動力がなにか」によってヨガの深まり方の変化を目の当たりにする。
○○に集中することで脳がリラックス💕💕家でも出先でもスッと取り入れるだけで緊張をほぐほぐ☺️🍀
そもそもインナーマッスルって体のどこにあるの?パワーハウスってなあに?🤔✏️〜姿勢美人の鍵🔑🗝💕多裂筋  編〜
開脚前屈がやりずらい原因は?!
みんなで筋肉体操
前腿の筋肉、体の中で何番目に大きいかご存知ですか?☺️❤️
ダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)でなりやすい形を検証!~Part1~
noimage
東京都にある”三頭山(みとうさん)”に登ってきました 🗻
意外と知らない自分のこと。        気づくことから訪れる変化。
いよいよ梅雨明け✨☀️基礎代謝を上げて、夏バテ予防‼️
筋膜リリースをすることで得られる効果って?✨🌿
Q.胸式呼吸をしているときのお腹はどうなっているのが理想?💡
業務スーパーの冷凍ブルーベリー
プラスのシャワーで自己肯定感もアップ↗↗

HOME

TOP

-->