楽しみながら実践♪否定文を肯定文にしてみると伝わり方が違ってくる♡

ぬくもりヨガサロンひよこのみなさん、

ブログを読んでくださっているみなさん、

こんにちは♪

インストラクターのMORIKOです(๑˃́ꇴ˂̀๑)

 

最近、本を2冊読みました。

1冊は育児本。

2冊目は自己啓発本。

 

この2つには共通点がありました✧*。

「(自分・相手を)認めること。受け入れること。」

「間違ったことを伝えるのは正しいが、その人を否定してはいけない。」

 

頭ではわかっています☆

でも実践できてるかなと思ったら、

私は少し不安になりました(笑)

 

 

もし、子供が牛乳をこぼしたらなんと声をかけますか?

%e7%89%9b%e4%b9%b3

1.「こぼしちゃったね。どうしたらいいかな?

・・・そうだね。拭けばキレイになるね。」

 

2.「なんでまたこぼすの?何回言ったらこぼさないの?」

 

3.「あ~。服も絨毯も汚れちゃったし。

拭くの大変。もう牛乳なしね!」

 

自分が子供だったらどの言葉をかけられたら

うれしいですか?

どの言葉をかけてあげたらいいと思いますか?

 

 

 

だぶん1番と思う方がほとんどだと思います!

 

2番、3番は愚痴だったり、

牛乳なしなんて親の権力ふりかざしてます(笑)

 

でも水やお茶ならまだしも

牛乳はニオイが残ると臭いし

拭くのが大変なんですよね(^^;)

 

 

本によると

嫌なことが起きたとき、

不満をぶつけるのではなく、

今どういう状態で、

どうしたらいいのかを伝え(考え)る

クセをつけると良いと書かれていました☆

 

そこで私も実践!

 

息子がお茶をこぼしたとき、

私「お茶こぼしちゃったんだね。どうしたらいいかな?」

息子『ごめんなさい』

私「・・・。大丈夫だよ。どうしたらいいかな?」

息子「『わからない』

 

 

 

%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%b3s

ガーン・・・。

いつも、私がさっさと拭いてしまっているから、

息子は拭けばきれいになるということを

認識していなかったのです・・・(ˇ⊖ˇ)

 

 

 

この実践、やってみると楽しいです♪

 

外食した時に、

息子がフォークを食べ物に

さして立てていました。

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af

主人は

「フォークを立てないで。」

と伝えますが、直りません。

そこで私が、

「今、フォーク立ってるよね。

お皿の横に寝かしておいておこう」

と伝えると直りました(。◕ ∀ ◕。)

これ本当です!!

 

つい、しないで欲しい事を伝えがちですが、

子供は特に、「して欲しい事」を伝えたほうが

スムーズにいくケースが多いそうです♪

冷静に考えれば納得(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

プチ反抗期もあるので、

すべてうまくいくというわけでは

ありませんが、

ぜひ楽しみならが

お試しください♪

 

子供だけでなく、

自分や大人の方でも♡

 

 

プラスの言葉で

更に楽しい気分にしちゃいましょう•*¨*•.¸¸♪

 

☆。.:*:・今日も心穏やかで楽しい時間が過ごせますように☆。.:*:・

moriko
ヨガ始める以前の私は呼吸が浅かく、仕事でも私生活でも、もっともっと頑張らなきゃと思っていたました…

そんな私に深く呼吸することを教えてくれたヨガ。
『無理しないことも大切』と教えてくれたヨガ。

ヨガを通して自分自身を見つめることで、少しずつ心と体がほぐれていくのを実感できると思います。

日々の忙しさで、自分と向き合う時間が取れない方、みんなで一緒に向き合う時間を共有しませんか?

体だけでなく心も穏やかで、ほっこり笑顔になる時間を作っていきます♫

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
紅葉🍁探しに〜ちちんぶいぶい×2🎶秩父へ行こう🎶
noimage
kayのココロに響くKDの教え  私たちは みんな 同じスープの中を泳いでいます
noimage
インド修行記
kay❇️KDのワークショップのお手伝い&打ち上げに参加する
そうだ!東北へ行こう!〜その8〜
noimage
noimage
kay 人間の幸福
ヘルシーお手軽レシピ♪ おから編  ②おからdeサラダ
年末太陽礼拝イベント🌞お疲れ様でした☺️皆さま良いお年を〜
noimage

HOME

TOP

-->