アーユルヴェーダとは?ちょっと意識したらオージャスが増える(*´°`*)

ブログを見て下さっているみなさん、

温もりホットヨガサロンひよこのみなさん、

こんにちは☼

MORIKOです(◍•ᴗ•◍)

 

 

アーユルヴェーダってご存知ですか?

 

サンスクリット語のアーユス(生命)と

ヴェーダ(科学)を組み合わせた

「生命科学」という意味で、

五千年の歴史をもつインド・スリランカの

世界最古の伝統医療なんです

 

病気にかかってから治療するのではなく、

○病気にかからないように予防する

○健康な人をさらに健康にする(若返り、老化防止)

○幸福な人生を過ごす

ことを目的としており、

食事法・健康法(ヨガ・瞑想)といった

日常生活に関わるものから

生命そのものまでを含んでいます。

 

 

アーユルヴァーダでは、

自然のエネルギー

(空・風・火・地・水)から

体が構成されていると

考えられています。

 

そのエネルギーを【ドーシャ】と言い、

体に起こる様々な

体調の変化に関係しています。

このドーシャが

バランスのとれた状態を

健康と位置づけています。

 

 

バランスを保ち、健康でいるには

オージャスを作り出すことも大切です。

 

オージャスとは

生命力・免疫力・元気やエネルギーの元になるもの

誰もが生まれながらに持っているもので、

増えるとカラダに力がみなぎり、精神的にも安定してきますが、

逆に減ると肌はカサカサ、

心はイライラしてしまうこともあると言い伝えられています。

 

オージャスは、

外から入ってきた食べ物をきちんと燃やし、

スムーズに消化できた際に作られます。

 

ドーシャのバランスを整える働きがあるので、

オージャスをどのくらいもっているかで健康度が決まります。

オージャスが増えると病気の予防はもちろん、

声にはハリが、肌にはツヤが出て、

外見だけでなく内面からの輝きも増してきます。

 

 

オージャスは

食べ物を完全に消化できた際に

作られますが、どうしたら増えるのか?

 

ポイントは

消化力(アグニ)

 

食べ物でいうと

旬の食材や温かくて油分のある食べ物だと、

よく燃えて消化がスムーズになります。

 

 

そして食事中にできること

 

①テレビやスマホを見ずに食事に集中で消化力アップ

②一口30回噛んで消化力アップ

③満腹まで食べず腹八分目で消化力アップ

 

つい「~ながら」食べてしまったり、

食べ過ぎたりしてしまいますが、

ちょっと意識をして

オージャスを増やして内側から

健康になっていきましょう₍₍ ◟(∗ˊ꒵ˋ∗)◞ ₎₎

 

 

☆。.:*:・今日も心穏やかで楽しい時間が過ごせますように☆。.:*:・

moriko
ヨガ始める以前の私は呼吸が浅かく、仕事でも私生活でも、もっともっと頑張らなきゃと思っていたました…

そんな私に深く呼吸することを教えてくれたヨガ。
『無理しないことも大切』と教えてくれたヨガ。

ヨガを通して自分自身を見つめることで、少しずつ心と体がほぐれていくのを実感できると思います。

日々の忙しさで、自分と向き合う時間が取れない方、みんなで一緒に向き合う時間を共有しませんか?

体だけでなく心も穏やかで、ほっこり笑顔になる時間を作っていきます♫

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

kayの考える情報のコントロールの必要性  惑わされない意識を持とう
ピラティスレッスン追加のお知らせ💕午前の時間帯がてんこ盛り✨💪ピラティスで朝活、いかがですか?❤️
筋肉痛のときはどんなことをしたら良いの?💡最優先すべきは◯◯✨🌿血流をよくして、体に優しく☺️❤️
東北の旅も終盤へ〜その11〜
noimage
久しぶりのRUN🏃‍♀️お花見🌸しながらのRUN😆走った後はKUMAROMA🐻のコーヒー☕️で脂肪燃焼&筋力アップ💪
【ピラティス】始まりました✨選りすぐりのインストラクター✨✨運動が苦手でも体が固くても「ヨガ・ピラティス大好き❤」に😍「変わりたい!」を応援🚩
アユールヴェータクッキング🥣キッチャリークレンズ✨
noimage
アユールヴェータのオイルマッサージ✨✨
立ち木のポーズ☆彡 子供と一緒に遊びながらも結構楽しいです♡
温活でスープジャーを購入! 食べ過ぎ防止にも温かいものを♡
『ヨーガスートラ』ってどんなことが書いてあるの??ヨガサロン🐤ひよこkayからの解釈です
​楊貴妃も愛した❰龍眼❱を食してみました。 気を補い、血を養う… 暖まりました(*゚Д゚*)!!
インナーマッスルとアウターマッスルの違いについて💡

HOME

TOP

-->